WHAT'S NEW


[記事]ソーシャルの未来はモバイルだ!

Kantar Mediaが定期的に発行しているWebマガジンからの引用です。
http://www.momentumreview.com/uk/future-social-mobile


カンター・ジャパン 広報
-K--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「今日のモバイル機器は、コンピュータ、娯楽施設、通信ネットワークの要素を効果的に結びつけ、ソーシャルネットワーキングの経験を拡大、変化させています。」とKantar Media CompeteアメリカのBusiness Development担当VPであるAdam Guyは言います。


オランダの航空会社KLMは、最近面白いアイデアを考え出しました。ウェブサイトでチケットを予約する際、お客様は、同乗者のプロフィールをFacebookやLinkedInで調べることができます。もちろん、(プロフィール公開の)許可が必要ですよ。そして、誰の隣に座るか決めることができます。これにより、(隣の人と)楽しく話ができる機会が増えます。


SNCF(フランス国鉄)も、自らのTGV予約サイトで同様のサービスを提供しています。ソーシャルは、大々的にモバイル化しています。実際、外出・移動中に現実世界での(人との)つながりを生んだり、強くしたりできる所が、ソーシャルメディアの最も魅力的な側面の一つなのです。


「ソーシャルメディアの未来は、(人との)つながりの可能性を育むことにつきると私は思います。」とAdam Guyは言います。「デスクトップPCでステータスを更新したりツイートしたりすることは、かなり孤独です。しかし、ソーシャルが外出先でモバイルに結びついたとき、ソーシャルメディアの力は増大します。消費者は、今ここで、自分の近くにいる友人を見つけることができるのです。」


2011年にKantar MediaのCompeteが実施したアメリカのスマートフォンユーザーの調査で、74%がスマートフォンでソーシャルネットワーキングを行い、42%が少なくとも一日に一度はソーシャルネットワーキングを行うことがわかりました。アメリカの携帯電話キャリアのインターネットデータの集積者であり、Kantar Media Competeのモバイルデータのパートナー会社であるGroundTruthによると、ソーシャルネットワーキングは、モバイルインターネットで最も多く行われる活動で、オンラインのセッション数の57%、総時間の58%を占めます。


Foursquareユーザーが友達に今どこで食べて、飲んで、あそんでいるかを知らせることのできるロケーションベースのサービスの成功が、モバイルとソーシャルが非常に良い組み合わせであることを強固に裏付けてくれます。


「空港でフライトを待っているそのとき、自分の近くに約40人知人がいるという可能性は十分あります。ソーシャルメディアがあれば、彼らを見つけることが可能です。同じことが展示会に当てはまります。今日ではとても大きすぎて、意図的でない限り、知っている誰かに偶然出くわすチャンスはほとんどありません。」


このインサイトは、Facebookのようなソーシャルネットワークに向けられた共通の批判、すなわち、彼らが現実世界の温かい人間関係よりもむしろ、オンラインのバーチャルな友人関係を後押ししているという批判、に応えるものです。「ソーシャルメディアはリアルな人としての経験を創造することはできないけれど、それらを手助けすることはできると言えます。」とAdamは述べています。


ソーシャルメディアは、人々を結びつける力を持っています。20年前、特定のカルト漫画本に夢中な一人の孤独なティーンエイジャーは、さびしいままで居続けたことでしょう。今日では、ブログ、Facebookその他のソーシャルメディアのおかげで、彼らは、志を同じくする何百もの人々を見つけることができます。Adamが言うように、「ソーシャルネットワークでは、集団にうまくとけ込むことを強制されるというよりもむしろ自分自身で仲間集団を作ることができるのです。」


一介の庶民がプロの写真家になってしまう写真撮影アプリIstagramのようなソーシャルメディアは、認証されることでパワーを得ています。私たちの創造力は、友達に「いいね」とリアルタイムで言ってもらうことで駆り立てられるのです。


しかし、強力なモバイルの要素もあります。私たちは外出先で携帯電話で写真を撮ります。その写真は見ても魅力的、作っても楽しい公開フォトアルバムになり、いい記録にもなります。同様に、Twitterのベストなところは主要なニュース・イベントを含め様々な状況から入ってくる実況解説のソースであることです。


これら全てに対して1つ欠点を挙げるとすれば、個人情報の管理でしょう。「わたしはここ!」とまわりに知らせるのは素晴らしいことです。しかし、ときどき見つけられたくないときもあります。「忙しいときやひとりになりたいとき、ソーシャルネットワークから離れることを忘れてはいけません。それが、わたしたちがこれから新しく学ばなければならないスキルでしょう。」とAdamは結論付けています。


詳細についてはこちらにお問い合わせください。

aguy@compete.com
www.competeinc.com
http://blog.compete.com/


関連記事

2012.05.21 [ニュースリリース]58ヶ国の携帯電話ユーザーの利用実態調査発表。